中国・清朝が舞台の映画(た~)

天皇・皇后と日清戦争

『天皇・皇后と日清戦争』は、1958年に公開された日本の戦争映画です☆日本の命運をかけた日清戦争に対する明治天皇の姿が描かれています。前年には『明治天皇と日露大戦争』、翌年には『明治大帝と乃木将軍』という天皇を描いたシリーズのひとつ。先に同じ新東宝が製作した「明治天皇と日露大戦争」の姉妹篇で、日清戦争を中心に天皇と皇后を描きます。社長大蔵貢が自ら原作を書き「世界の母」の館岡謙之助が脚色、「鏡山誉の女仇討」の並木鏡太郎が監督しました。撮影は、「戦雲アジアの女王」の山中晋。主演は、明治天皇に「稲妻奉行」の嵐寛寿郎、皇后に「戦雲アジアの女王」の高倉みゆき、そのほか高田稔、天城竜太郎、若山富三郎、高島忠夫、藤田進、和田桂之助などオールスター・キャスト!色彩はイーストマンカラーで素晴らしい作品です(*´∀`*)

映画のストーリー(1)

小大明治二十七年八月一日、日清両国間に宣戦が布告された。祖母と二人暮しの山田一太郎のもとにも召集令状がきた。老いさき短い祖母は苛酷な運命を呪った。そして旬日、一太郎は、“一太郎やーい”という祖母の悲痛な叫び声を後に宇品港を発った。その頃、宮中では天皇を中心に伊藤首相ら重臣によって大本営の広島進駐が決定された。一方、戦線では韓国の野津師団が激闘の末に平壌を陥し、海軍も海洋島の東北東で四時間半にわたる大海戦を演じて勝利をおさめた。内地では天皇、皇后が率先して国民の志気を高めようと、傷病兵の慰問などに心を尽されていた。黄海の制海権を握った日本軍は山県大将の率いる第一軍と大山大将の率いる第二軍をもって旅順攻略を目指し進撃を開始した。旅順はドイツ人を招いて作った最新式の要塞、攻略作戦も一頓座を来したが、木口小平ラッパ手らの決死的攻撃によって、前面の堅塁、黄金山砲台の陥落に成功した。この進撃に清国は驚愕した。数日後には米国を通して講和打診が行われてきた。

映画のストーリー(2)

これをめぐって大本営では白熱的な論議が闘わされた。この間にも威海衛攻略の火蓋は切られた。第二軍は威海衛軍港の背面に迫り、海軍が軍港の奥深くひそむ北洋艦隊に決戦を挑んだ。闇黒の海面を修羅場に化した水雷夜戦。こうして清国海軍は“定遠”以下の多数の艦船を失い、威海衛は陥ちた。この形勢に狼狽した清国は、ついに講和使節を送ってきた。二十八年三月十九日、講和全権として李鴻章一行が下関に上陸、翌二十日から講和談判が始った。李鴻章が一暴漢に狙撃されるという一幕もあって、講和談判は日本側に有利な結果をもって終った。しかし勝利の歓喜が、まだ全国に達せぬうちに突如、日本の息の根を止めるような大事件が起った。ロシア、フランス、ドイツが、清国の同意を得て割譲される筈の遼東半島の領有権を放棄せよというのである。しかも世界情勢は日本に不利、平和を希う天皇は遂に三国勧告受諾の聖断を下した。

キャスト

  • 明治天皇:嵐寛寿郎
  • 昭憲皇后:高倉みゆき
  • 伊藤首相:阿部九洲男
  • 大山陸相(後に第二軍司令官):信夫英一
  • 西郷海相:江川宇礼雄
  • 松方蔵相:鳥羽陽之助
  • 山県大将(第一軍司令官・後に陸相):高田稔
  • 野津中将(第五師団長):広瀬康治
  • 大島少将(混成旅団長):小森敏
  • 立見少将(第十旅団長):大谷友彦
  • 山地中将(第一師団長):沢井三郎
  • 主木少将(第一旅団長):林寛
  • 川上中将(参謀次長):芝田新
  • 児玉少将(陸軍次官):広瀬恒美
  • 山本(権)少将(軍務局長):沼田曜一
  • 大寺参謀:国創典
  • 伊東中将(連合艦隊司令長官):藤田進
  • 出羽少将(連合艦隊参謀長):明智十三郎
  • 坪井少将(第一遊撃隊司令官):岬洋二
  • 向山少佐(「松島」副艦長):若杉英二
  • 島村少佐(連合艦隊参謀):舟橋元
  • 藤田少佐(水雷艇隊隊長):高村洋三
  • 今井大尉(水雷艇隊隊長) 三村俊夫

スタッフ

  • 監督:並木鏡太郎
  • 脚本:館岡謙之助
  • 原作:大蔵貢
  • 製作総指揮:大蔵貢
  • 企画:伊藤基彦
  • 制作補:山梨稔
  • 撮影:山中晋
  • 美術:加藤雅俊
  • 音楽:江口夜詩
  • 録音:鈴木勇
  • 照明:平岡岩治
家庭で出来る中華料理

ドラゴン怒りの鉄拳

『ドラゴン怒りの鉄拳』は、1972年制作の香港映画で、これもおもしろーいです(・∀・)ブルース・リー主演。1900年初頭、上海を背景に、横暴をきわめる日本軍国主義に対決する青年の活躍を描きます。前作『ドラゴン危機一発』に続く香港GH社により製作された、リー主演第2作目。前作の興奮冷めやらぬ4か月後の1972年3月、香港で封切られるや興行記録を2週間で塗り替え、アジア全域で空前の大ヒットとなりました!製作はレイモンド・チョウ、監督・脚本は「ドラゴン危機一発」のロー・ウェイ、撮影はチェン・チン・チェー、音楽はジョゼフ・クーが各々担当。出演はブルース・リー、ノラ・ミャオ、ロバート・ベイカー、マリア・イーなど。

映画のストーリー(1)

小大非情可烈な日本軍国主義の嵐が中国大陸を吹き荒れる1908年。その動乱のさなか上海の街に一人の中国人青年がやってきた。名をチェン・チェン(B・リー)といい、秀れた拳法の使い手だった。チェンの目的は、彼の武術の師であるチン・ウー道場の創始者ホ・ユアン・チアの葬儀に参列するためだった。道場はこの偉大な武道家の不可解な死に打ちひしがれさらにそれに追い討ちをかけるように数日後、同じこの上海で一派をかまえる日本武術協会から〈極東の病める国〉と記した看板が届けられた。明らかにチン・ウー道場、ひいては中国人全体に対する許しがたい侮辱であり、挑戦でもあった。チェンは憤激し、日本武術協会に乗り込んで会長のニン・ムウに挑んだが、ムウは三日以内にチン・ウー道場を明け渡すように要求した。チェンはこのとき以来、師は何者かに殺されたのではないかという疑問を抱き、その真相を確かめるべく上海にとどまることにした。手始めにムウの用心棒を捕えて問いつめ、地獄に送り込んで反応を待った。案の定、ムウは絶大な権力で警察を動かし、チェンを逮捕させようとした。警察に追われる身となったチェンを安じたユアンの娘のリー・エー(N・ミャオ)は町中を捜し廻ったが、見つからなかった。それを見計らったようにムウの命令を受けた日本武術協会の部下たちは手薄のチン・ウー道場を急襲した。

映画のストーリー(2)

その頃チェンも日本武術協会に殴り込み、多勢の高弟たちを次々と打ち倒していった。そして最後に残った会長ニン・ムウと彼のロシア人の用心棒との激突は、遂にチェンの勝利で終止符が打たれた。かくして偉大なる師ホ・ユアン・チアの仇は見事に討たれ、チェンの疑惑通り、ウー道場乗っ取りのためにニン・ムウがホ・ユアン・チアを毒殺した事実も明るみにでた。すべてが終わり、チェンは愛するリーと共に上海を逃れようと決意した。だが、それも束の間、ことは意外な方向へ進んだ。チン・ウー道場の門弟たちと日本武術協会との壮絶な闘いのあとに、チェンが駈けつけると、そこには日本領事と警察が待ち受けていた。権力をカサに着る領事は、チェンが自首しない限りチン・ウー道場を閉鎖し、門弟たちの命さえ保証せぬと脅迫していた。そのとき、道場の二階からチェンが突然姿を現わした。チェンは自分の命と引きかえに、リ・ウーたちを助けようと自首を申し出、階下に身を躍らせたが、その一瞬、凄まじい拳銃の音が耳をつんざいた。秘かに待ちうけていた警察隊の一斉射撃--チェンの肉体は絶叫を残して大地に伏した。

香港へ旅行行きたい~!