【韓国ドラマ】Netflixの新作『ザ・ファビュラス』レビュー

【韓国ドラマ】Netflixの新作『ザ・ファビュラス』レビュー

世界最大級の動画配信サービス「Netflix」で話題の韓国ドラマ『ザ・ファビュラス』。華やかなファッション業界を舞台に、情熱を持ち夢に向かって悩みながらも努力する若者のリアルな姿をドラマの主軸にして、最新のブランドやモデルの世界を堪能できる作品です。

当初の配信予定直前に韓国梨泰院の事件が起こり、一度は無期限の配信延期になりましたが、この度配信が決定しました。

Contents

作品情報

  • 放送開始日:2022年12月23日(金)17:00~
  • 話数:全8話
  • 監督:キム・ジョンヒョン
  • 脚本:キム・ジヒ、イム・ジンソン
  • 放送局:Netflix

世界的に注目されているデザイナーやショーディレクターなど、多くの専門家の協力を得てファッション業界の姿をリアルに表現した作品。華やかなファッション業界の表舞台と、表舞台に出るべく熾烈な戦いを繰り広げる裏方の人たちに焦点を合わせて、2つのコントラストをドラマチックに演出しています。登場人物達のファッションも本作の見どころであり、ファッション(fashion)と書いて情熱(passion)と読む若者たちの夢を追う姿と友情を描いたハイパーリアリズムロマンス作品です。

『ザ・ファビュラス』のあらすじ

高級ブランドの広報代行会社課長として勤務する主人公のピョ・ジウン(チェ・スジン)は、情熱に溢れていますが、ファッション業界の表舞台は華やかながらも、裏では悪戦苦闘の連続です。そんななか、写真や画像をレタッチするレタッチャーであるチ・ウミンはジウンと出会うことで、友情や愛と夢を知り成長していきます。

『ザ・ファビュラス』の登場人物とキャスト

ピョ・ジウン役/チェ・スビン

マーケターとして働くキャリアウーマン。自分の仕事に誇りを持ち、自分の夢であったファッション業界で生き残るために、日々情熱をもって仕事に打ち込んでいます。

やり手のキャリアウーマンであり日々悪戦苦闘している主人公のピョ・ジウンを演じるのは、女優のチェ・スビンです。チェ・スビンは、高校生の時に演劇デビュー。その後『ウォンニョ日記』でドラマデビューします。代表作には、『雲が描いた月明り』や『輝く星のターミナル』があります。

チ・ウミン役キャスト/チェ・ミンホ

レタッチャーでジウンの元カレ。現在は、友達以上恋人未満の曖昧な関係です。情熱に欠けていて、仕事にも愛にも縛られません。

ピョ・ジウンの元カレで微妙な関係にあるチ・ウミンを演じるのは、ボーイズ音楽グループ「SHINee」のチェ・ミンホです。2008年SHINee『ヌナ(お姉さん)はとてもきれいだ』でデビュー。その後は、ドラマや映画、バラエティ番組やMC、MVなど多方面で活躍しています。俳優としての代表作には、『ピアニスト』や『花ざかりの君たちへ』、『メディカルトップチーム』や『初めてだから』、『ケチュン御婆』などがあります。

シム・ドヨン役キャスト/キム・ミンギュ

イケメンの大学生。モデルの夢を持っています。

モデルになりたい大学生のシム・ドヨンを演じるのは、俳優のキム・ミンギュです。2013年ドラマ『モンスター』でデビュー後、数々の話題作に出演しています。代表作には、『シグナル』や『女神をお願い』、『この人生は初めてなので』や『メロホリック』、『パフューム』や『コンビニのセッピョル』、『スノードロップ』などがあります。

イェ・ソノ役キャスト/パク・ヒジョン

スーパーモデルで、ジウンの親友。

スーパーモデルのイェ・ソノを演じるのは、自身もスーパーモデルのパク・ヒジョンです。パク・ヒジョンは、2012年ビューティマガジンでモデルデビュー。その後のソウルファッションウィークへの出演でモデルとして本格的に活動を開始します。2017年にはルイヴィトンとエクスクルーシブモデルとして契約。この年から海外に拠点を移し、2019年にはファッション界の権威あるメディア「models.com」において世界のトップモデル50人に選ばれました。ドラマは本作が初出演です。

イ・ナムジン役キャスト/チェ・ウォンミョン

ジウンの今カレ。非の打ちどころのない紳士。

完璧な今カレであるイ・ナムジンを演じるのは、俳優のチェ・ウォンミョンです。チェ・ウォンミョンは、2015年ドラマ『偉大な糟糠の妻』でデビュー。ドラマだけでなく、バラエティやミュージカルでも活躍する演技者です。代表作には、『魔女の城』や『油っぽいメロ』があります。

ジョセフ役キャスト/イ・サンウン

ファッションブランド”ミスター・ジョセフ”のデザイナー。芸術的な感性と愉快さを兼ねそなえた人物で、ジウンやソノの相談相手。

デザイナーであり、相談相手であるジョセフを演じるのは、俳優のイ・サンウンです。イ・サンウンは2005年ドラマ『十八、二十九』でデビュー。映画やドラマで活躍します。2012年『馬医』の大ヒットにより一躍人気俳優になり、その後の代表作には、『温かい一言』や『結婚の女神』、『気分の良い日』や『上流社会』、『アンクル』や『赤い風船』などがあります。

『ザ・ファビュラス』に対するネットの評判は?

https://twitter.com/imtotallyokaayy/status/1608409190330142720

https://twitter.com/kmkm_2521/status/1606819081822539776

 

 

『ザ・ファビュラス』のレビュー・総評

ファッション好きが楽しめるのは勿論のこと、素敵なキャスティングでドラマを見終わるころには、密かな推しが出来る人も多数。韓国ドラマ Netflixにしては全8話と短めでスピーディなドラマなので、ちょっと見るつもりが、ついつい一気見してしまうドラマです。

投稿者 mutta