実生活でも妊娠を発表!戸田恵梨香主演の映画『母性』レビュー

実生活でも妊娠を発表!戸田恵梨香主演の映画『母性』レビュー

『告白』や『望郷』など、ベストセラー作品を多く発表してきた作家・湊かなえの小説『母性』が映画化され、先月公開されました。

主演を務める戸田恵梨香は、”子どもを愛せない母親”の役作りに苦戦したのか、撮影後に体調不良も報道されてました。しかし、最近では実生活でも妊娠を発表し、現在では穏やかな毎日を送っているようです。

今回は、そんな複雑な「母と娘」心理描写があるミステリー『母性』のついて紹介していきます。

作品情報

  • 映画公開日:2022年11月23日
  • 原作:湊かなえ
  • 監督:廣木隆一
  • 脚本:堀泉杏
  • 配給:ワーナー・ブラザーズ映画

原作は、ベストセラー作家・湊かなえの同名小説です。ある事件がきっかけで、母娘の恐ろしい関係性が浮き彫りになっていく本作の物語は、まさに湊かなえの得意な「重い、けれど目が離せない」作品になっています。

話の中心となる母娘役に戸田恵梨香と永野芽郁を起用し、2人を取り巻く家族には大地真央や高畑淳子、三浦誠己など豪華キャストが参加。監督は『ナミヤ雑貨店の奇跡』や『ヴァイブレータ』を製作した廣木隆一が、脚本は、『ナラタージュ』を書いた堀泉杏が務めます。

『母性』のあらすじ

女子高生が自宅の庭で遺体となって発見された事件。これは、事故なのか他殺なのか・・・。真相に迫るために証言者として話を聞かれた母・ルミ子(戸田恵梨香)と娘・清佳(永野芽郁)ですが、なぜか2人の証言は同じ出来事を回想しているのに食い違っていきます。そして、次第に複雑な母娘関係と秘密が明らかになっていくのでした。

『母性』の登場人物とキャスト

田所ルミ子(戸田恵梨香)

自分の母である露木華恵を誰よりも愛していて、母が喜ぶことをするのが幸せと思っています。

母を愛して、娘を愛せない主役・ルミ子を演じるのは戸田恵梨香です。戸田恵梨香は、映画やドラマ等多くの作品に出演している女優です。代表作には、『デスノート』や『LIAR GAME』、『Presents~うに煎餅~』、NHK連続テレビ小説『スカーレット』などがあります。

また、2021年にはドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』で、本作でも共演した永野芽郁とW主演を務めています。

田所清佳(永野芽郁)

ルミ子の娘。母・ルミ子の愛情が自分に向いていないと感じていて、母に愛されたいと願っています。

母の愛を求める娘・清佳を演じるのは、永野芽郁です。永野芽郁は現在活躍中の女優です。出演作品には、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』や『親バカ青春白書』、『地獄の花園』や『キネマの神様』、『そして、バトンは渡された』などがあります。2022年には、ドラマ『ユニコーンに乗って』で主演を務めました。

田所哲史(三浦誠己)

ルミ子の夫で清佳の父。ルミ子とは絵画教室で知り合いました。

ルミ子の夫で清佳の父・田所哲司を演じるのは、三浦誠己です。三浦誠己は、多方面に活躍している俳優です。映画『赤の女王、牛る馬猪ふ』や『木屋町DARUMA』で主役を演じ、他にも多数の映画、ドラマ、舞台に出演しています。他にも、本田技研工業や日本マクドナルドのCMに起用されています。

ルミ子の義母(高畑淳子)

田所の母親。自分の子どもには過保護なほどですが、ルミ子にはつらく当たっています。

ルミ子につらく当たる義母を演じているのは、高畑淳子です。高畑淳子は、舞台のほか、テレビでも活躍中の女優です。舞台出演作品は『悔しい女』や『パートタイマー・秋子~全国公演~』、『をんな善哉~全国公演~』などがあります。また、テレビでは『踊る!さんま御殿!!』や『メレンゲの気持ち』、ドラマ『毛利元就』、『夫婦道』などにも多数出演しています。

露木華恵(大地真央)

ルミ子の実母であり、清佳の祖母。2人に愛情を注いでいます。

ルミ子の母を演じるのは、大地真央です。大地真央は、元宝塚歌劇団月組トップスターで、現在も舞台や映画、ドラマで活躍しています。出演作品には、『女ねずみ小僧』や『愛の家~泣き虫サトと7人の子~』、『夫婦漫才』、『日本沈没』など多数の出演作があります。

『母性』に対するネットの評判は?

『母性』のレビュー・総評

湊かなえ作品の代表されるような複雑な感情が絡んだ重い作品が好きな方や、実体験として母と娘の感情の複雑さに理解できる人には、グッと刺さる作品になっています。

戸田恵梨香がその複雑な母娘の心理描写に役作りに苦心したと報道されましたが、そんな戸田恵梨香や高畑淳子の演技に圧倒される人も多く、すでに原作を読んだ人も、新しい視点で物語を楽しめたという声もありました。ぜひ、複雑な親子関係をその目で確かめてみてください!

 

おすすめ