映画だけじゃない!嵐・二宮和也が主演した歴代ドラマおすすめ9選

映画だけじゃない!二宮和也が主演した歴代ドラマおすすめ9選

2022年12月9日に主演映画『ラーゲリより愛を込めて』が公開される二宮和也さん。

今年8月には『TANG タング』が公開されており、これまで約10本もの映画に主演されています。そんな二宮さんですが、演技での活躍は映画だけではありません。

今回は、二宮さんが主演した歴代ドラマの中からおすすめ作品を紹介しますよ!

二宮和也が主演した歴代ドラマおすすめ9選

①二宮和也 ドラマ初主演作『あぶない放課後』

1999年にテレビ朝日系列で放送された『あぶない放課後』が二宮和也さんが初めて主演した連続ドラマです。

二ノ宮知子さん原作の漫画『天才ファミリー・カンパニー』を原作とする作品で、渋谷すばるさんとのダブル主演でした。当時は関ジャニ∞はおろか、嵐もデビュー前。ジャニーズJr.の二人でゴールデンタイムの連続ドラマの主演をされていたのですね。当時15歳の二宮さんの初々しい演技が楽しめる作品です。

②超豪華キャストが衝撃の役柄を演じた『Stand Up!!』

2003年にTBS系列で放送された『Stand Up!!』は、放送から約20年経った今なお語り草となっている作品です。主題歌は、嵐の「ことばより大切なもの」。

女性経験が無く「オトナになりたい!」と願う男子高校生4人を中心に織りなす青春コメディドラマなのですが、その4人組を演じたのがなんと二宮和也さん、山下智久さん、成宮寛貴さん、小栗旬さんという後の豪華俳優陣だったのです。後の人気俳優の意外なルーツを知れる名作です。

③三代目南くんを好演『南くんの恋人』

内田春菊さん原作の人気漫画『南くんの恋人』は、4度に渡ってテレビドラマ化されています。武田真治さんが南くんを演じた第二作が大ヒットしましたが、二宮和也さんも南くんを演じられていたんですね。

2004年、テレビ朝日系列で放送された第三作に二宮さんは出演、深田恭子さんとのW主演でした。主題歌には、嵐の「瞳の中のGalaxy」が起用されていますよ。

④貧乏王子が世間を席巻『山田太郎ものがたり』

2007年、TBS系列で放送された『山田太郎物語』では、櫻井翔さんと嵐のメンバー二人でW主演しました。ヒロインは、連続ドラマ初出演の多部未華子さんが務め、主題歌には嵐の人気曲「Happiness」が起用されましたよ。

森永あいさんの同名タイトルの漫画を原作とする同ドラマで、二宮さんは王子様のように気品に溢れているが、実は極貧の家で幼い弟妹のためにアルバイトに勤しむ高校生・山田太郎役を演じました。最終回は視聴率17.9%を記録するなど、ヒット作となりましたよ。

⑤東野圭吾の名作をドラマ化『流星の絆』

2008年、TBS系列で放送された『流星の絆』も最終回視聴率22.6%を記録した大ヒットドラマです。「ガリレオ」シリーズで知られる東野圭吾さんの、同名タイトルの名作推理小説を原作とする作品で、脚本は「木更津キャッツアイ」などで知られる宮藤官九郎さんが担当されました。

幼くして両親を失った三兄妹が詐欺を働きながら親の仇を追い詰めていくという物語で、二宮さんは三兄妹の長男を演じました。弟役は錦戸亮さん、妹役は戸田恵梨香さんが演じています。主題歌には、嵐の「Beautiful days」が起用されていますよ。

⑥トップアイドルがフリーターを熱演『フリーター、家を買う。』

2010年、フジテレビ系列で放送された『フリーター、家を買う』では、タイトルの通りフリーター役を演じました。二宮和也さんが演じた武誠治の幼少期を鈴木福さんが演じているのも見所ですね。

原作は「図書館戦争」で知られる有川浩さんの同名タイトルの小説、家族の温かさを教えてくれるホームドラマは好評を博し、最終回は19.2%の高視聴率を記録しました。この反響を受けて、後にスペシャルドラマも制作されました。嵐が歌うエンディング「果てない空」は、優しい応援ソングとしても人気を博しています。

⑦新世代の監督役『弱くても勝てます』

2014年、日本テレビ系列で放送された『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』では、弱小野球部の新任監督役を務めました。部員役には福士蒼汰さん、中島裕翔さん、山崎健人さん、本郷奏多さんなど錚々たる面々が揃っていますよ。

本作は高橋秀実さんのノンフィクション書籍「『弱くても勝てます』開成高校野球部のセオリー」を原作としており、主題歌に起用された嵐の「GUTS!」は明るい曲長に覚えやすい振りで人気となりました。

⑧医療ドラマのダークヒーローを怪演『ブラックペアン』

2018年、TBS系列で放送の『ブラックペアン』では「患者を生かすが医者を殺す」天才外科医、渡海征司郎役を演じました。二宮和也さんには珍しい、ダークヒーロータイプの主人公です。原作は、海堂尊さんの長編小説『ブラックペアン1988』、最終回視聴率は18.6%を記録しました。

⑨多部未華子との夫婦役が話題『マイファミリー』

2022年、TBS系列で放送の『マイファミリー』では娘を誘拐され、事件解決へ奔走する父役を演じています。山田太郎物語で共演していた多部未華子さんと、今作では夫婦役となったことでも話題になりましたね。

脚本は『謎解きはディナーのあとで』などで知られる黒岩勉さん。視聴者の間で盛んに考察が行われて人気を博し、最終回の視聴率は16.4%を記録しました。

最後に

今回は、二宮和也さんの歴代主演ドラマを紹介しました。アイドルとしての活動と並行して多数のドラマ、映画に出演していた二宮さん。これからも俳優として活躍を続けられることでしょう!

おすすめ