神ドラマ『silent(サイレント)』レビュー!川口春奈&目黒蓮共演

神ドラマ『silent(サイレント)』レビュー!川口春奈&目黒蓮共演

ドラマ放送前から、川口春奈と目黒蓮が共演することやオリジナルのストーリーがSNSの話題にあがっていた、話題のドラマ『silent(サイレント)』。

放送が開始されるや否や、「#silent」がTwitter世界トレンド1位にランクインしたり、第1話の見逃し配信が2日間で160万再生され、フジテレビとして過去最速の記録を樹立したりと絶好調です。

今回は、そんな話題作『silent(サイレント)』について紹介していきます。

作品情報

  • 放送開始日:2022年10月6日
  • 放送時間:毎週木曜午後10時
  • 脚本:生方美久
  • 演出:風間太樹
  • 製作:フジテレビジョン

川口春奈が主演のフジテレビ木10ドラマ『silent(サイレント)』は、生方美久による完全オリジナル脚本です。

川口春奈演じる青羽紬(あおばつむぎ)が、目黒蓮演じるかつての恋人・佐倉想(さくらそう)と再会するも、彼は耳が聴こえない難病になっていたことを知るという、出会い直しの切ないラブストーリーが注目されています。

『silent(サイレント)』のあらすじ

高校時代に恋人だった紬と想。しかし、想は突然に理由もなく紬に別れを告げ、姿を消してしまいます。

それから8年の月日が流れ、紬は幼なじみで想の友人でもあった湊斗(鈴鹿央士)と、将来を考える仲になっていました。そんなとき、紬は偶然にも想を見かけます。想に声をかける紬ですが、なんと彼は耳が聴こえなくなっていたのでした・・・。

音のない世界で、もう一度出会う2人と、そんな2人を取り巻く人々が紡ぐ、切なくも温かな物語です。

『silent(サイレント)』の登場人物とキャスト

青羽紬(川口春奈)

高校時代、本気で好きで付き合っていた佐倉想に卒業と同時に突然の別れを告げられてしまう主人公。8年後に、想の耳が聴こえなくなっていたこと、それを理由に故郷の誰とも接触しなくなったことを知るのでした。

主人公の青羽紬を演じるのは、川口春奈です。川口春奈は、2007年にファッション誌「ニコラ」でモデルデビュー後、2009年からは、ドラマや映画にも数多く出演しています。過去の出演ドラマには、2009年『東京DOGS』、2010年『泣かないと決めた日』、2011年『桜蘭高校ホスト部』、2015年『探偵の探偵』、2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』などがあります。

佐倉想(目黒蓮)

かつての紬の恋人。18歳の時に“若年発症型両側性感音難聴”を発症し、音のない世界で生きることになり、紬や高校の同級生たちとの関りを絶ち、上京。難聴によるコミュニケーションの難しさから、限られた人とだけ関わって過ごしていましたが紬との再会が彼に変化を起こします。

耳の聴こえない青年・佐倉想を演じるのは、目黒蓮です。目黒連は、ジャニーズグループ・SnowManのメンバー。バラエティ番組『アイ・アム冒険少年』にレギュラー出演しています。また、2021年新春SPドラマ『教場Ⅱ』、2021年10月期ドラマ『消えた初恋』、2022年10月スタートのNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』など、俳優としても活躍中です。

戸川湊斗(鈴鹿央士)

紬の現在の恋人。紬とは幼馴染で、想とは高校時代の親友。高校時代は紬と想のどちらも大切に思うが故に、二人を見守っていました。しかし、2人が別れたことを知り、紬と付き合い始めて幸せに過ごしていました。そんな時、再び想が現れたことで心がざわつきはじめます。

紬の現在の恋人である戸川湊斗を演じるのは、鈴鹿央士です。鈴鹿央士は「MEN’S NON-NO」のモデルで、近年は俳優としても活躍中です。2019年に『蜜蜂と遠雷』で映画デビューを果たし、その後は2019年の『決算!忠臣蔵』、2021年の『ホリミヤ』で主演を務めました。ドラマは、2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』や2021年『ドラゴン桜』、2022年『六本木クラス』に出演しています。

佐倉萌(桜田ひより)

想の妹で、佐倉家の末っ子。紬の弟・青羽光とは同級生でしたが、兄と紬の関係性を知っていたこともあり、そこまで仲は良くない様子。兄のことを大事に思っており、家族の中で一番手話ができます。

想の妹・萌を演じるのは、桜田ひよりです。桜田ひよりは、ドラマや映画で活躍している女優です。出演ドラマには、2013年『冤罪死刑』、2014年『明日、ママがいない』、2015年『ワイルド・ヒーローズ』、2018年『あなたには帰る家がある』などがあります。映画は、2015年『脳内ポイズンベリー』、2016年『にがくてあまい』、2017年『東京喰種 トーキョーグールー』、2018年『ういらぶ。』に出演しています。

青羽光(板垣李光人)

大学通学のために、東京に住む姉・紬のアパートで一緒に暮らしている6歳下の弟。自分の面倒をよくみてくれた姉を慕っており、紬の現恋人である湊斗にも懐いています。

紬の弟である青羽光を演じるのは、板垣李光人です。2歳頃からモデルとして活動を始め、近年では俳優としても活躍しています。ドラマでは、2015年NHK大河ドラマ『花燃ゆ』、2018年『仮面ライダージオウ』、2021年『晴天を衝け』に出演。2021年『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。』では、初主演を果たしています。その他、映画や舞台にも多く出演しています。

桃野奈々(夏帆)

生まれつき耳が聞こえない女性で、想の数少ない心を許せる相手。高校までろう学校に通っていましたが、大学は一般の大学に進学。想と出会い、手話を教える間柄になってからは仲良くしています。

耳が聞こえない女性・桃野奈々を演じるのは、夏帆です。夏帆は、モデル兼女優として活躍中で、2004年CM『三井のリハウス』に出演したことで知名度を上げました。ドラマでは、2004年に『ケータイ刑事 銭形零』の主演を務め、劇場版2作品にも出演しています。2007年の映画初主演作『天然コケッコー』では、第31回日本アカデミー賞新人俳優賞など、数々の新人賞を受賞。2015年映画『海街diary』では、主人公の姉妹を演じ、第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しており、他にも数々の話題作に出演しています。

春尾正輝(風間俊介)

紬が手話を学ぶために通い始めた、手話教室の教師。人の良さそうの雰囲気ですが、実は人に興味を持てないタイプの人間です。将来の夢が特になく、とにかく就活の助けになればという気持ちで、聴覚障がい学生への授業補助ボランティアに参加しています。

手話教室の教師・春尾を演じるのは風間俊介です。ジャニーズ事務所に所属しており、ジャニーズ随一の演技派と言われています。1999年ドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』に出演し、日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞を受賞。2011年ドラマ『それでも、生きてゆく』ではザテレビジョン第70回ドラマアカデミー賞・助演男優賞、第66回日本放送映画藝術大賞 優秀助演男優賞を受賞しています。その他、情報番組『ZIP!』で月曜パーソナリティを務めるたり、連続ドキュメンタリー『RIDE ON TIME』ではナレーションを担当するなど多方面で活躍しています。

佐倉律子(篠原涼子)

想の母親。夫と一緒に3人の子どもの大きな愛情を向けています。穏やかで周りを気遣える想のことを誇らしく思う一方で、あまり本音を明かしてくれないことに寂しく思うことも。息子の難聴の原因が遺伝性の可能性もあるとの言葉に責任を感じ、自己嫌悪に陥ったこともありますが、自分なりに息子の病気と向き合う覚悟を決めている愛情深い母親です。

想の母・律子を演じるのは、篠原涼子です。篠原涼子は、1990年、東京パフォーマンスドールに加入後、歌手として活躍し、現在は女優として活動しています。代表作には、『アンフェア』や『ハケンの品格』、『愛を乞うひと』などがあります。その他、資生堂やキッコーマン、トリンプなどのCMにも起用されています。

『silent(サイレント)』に対するネットの評判は?

『『silent(サイレント)』のレビュー・総評

川口春奈と目黒蓮の美男美女カップルに癒される人が続出しています!また、ストーリーも耳の聞こえなくなった彼に対する切ない気持ちや、2人を取り巻く人たちの心温かな言葉にグッと来る人、「毎回泣いてしまう」なんて人もいます。出会い直した2人が今後どんな関係を築いていくのか要注目です。

おすすめ