競馬をテーマにした歴代映画ベスト4

競馬は、騎手と馬が大勝利を目指すレースを観戦するスリリングな体験ができるため、世界で最も人気のあるスポーツの一つです。このクラシックなスポーツの裏話を垣間見るために、競馬に関する映画やビデオゲーム、本までたくさん出てきました。

これは、競馬が多くの人々の心を打つことができたからであり、人気のあるトレンドでは当たり前のことなのです。このため、映画製作者は馬とそのレースを中心にした素晴らしい物語を作り上げるようになりました。これらの映画のテーマは、互いに異なるが、彼らはすべてよく競馬業界を表しています。

競馬のキャンペーンに参加すると、これらの映画はたいてい競馬ファンに勧められていることがわかります。観客の反応や批評からもわかるように、どれもクオリティが高いものとなっています。それでは、競馬をテーマにした歴代トップクラスの映画と、なぜそれらが最愛のスポーツに関連した最高の映画とみなされているのかについて、掘り下げてみましょう。

マインザットバード 夢をのせて駆け抜けた馬 (2014)

「マインザットバード 夢をのせて駆け抜けた馬」では、2009年のケンタッキーダービーを制し、人々の心を魅了した未知のサラブレッド競走馬、マインザットバードの物語が描かれています。競馬の歴史に残る大逆転劇となったため、人々はこの伝説的なストーリーを映画化することを望みました。

この映画では、ニューメキシコの不良グループが、弱小馬をいかにして競馬の大イベントに勝たせることができたかを詳細に描いています。マインザットバードは、レース前は一流馬として知られていなかったが、あらゆるオッズメーカーに衝撃を与える逆転劇で、その年の最大のレースを制することに成功したのである。マインザットバードのオッズがまさに、50対1だったことから、この映画はその名(原題:50 to 1)にふさわしいものとなっています。

夢駆ける馬ドリーマー (2005)

マライアズ・ストームというサラブレッド競走馬の実話にインスパイアされた作品です。カート・ラッセル演じるベン・クレーンは、堅物な調教師です。ダコタ・ファニング演じる娘のケイルは、ベンが仕事に没頭していても、父親をとてもよく支えています。

この映画は、人間と馬の関係を深く掘り下げたものです。元チャンピオンの馬が、再び高いレベルで復帰し、完成させるために鍛え上げられるという、立派な物語です。本作では、マライアズ・ストームの役が変更され、怪我をしていたところからベンとケイルに世話になることになった馬、ソニアドール/ソーニャになっています。

セクレタリアト/奇跡のサラブレッド (2010)

ウォルト・ディズニー映画である「セクレタリアト/奇跡のサラブレッド」は、競馬を題材にした映画としては、間違いなく最もよく知られた作品です。この映画は、1970年代を通じて数々のレースに勝利した競走馬、セクレタリアトの旅路を詳細に描いています。この馬は、競馬場でレースをした中で最高の馬の一頭であり、それゆえに彼の美しい遺産となりました。

この映画では、セクレタリアトがケンタッキーダービーのレコードホルダーになるまでの道のりを見ることができます。彼は歴史上最高の馬の一頭であり、70年代の彼の功績を描いたこの長編映画で不滅の存在となったことは驚くことではありません。

シービスケット (2003)

セクレタリアトのメインストリームにおける人気に匹敵する唯一の映画として、シービスケットは表題の競走馬の生涯をベースにしています。「マインザットバード 夢をのせて駆け抜けた馬」の筋書きと同様に、シービスケットも過小評価され、見過ごされてきた競走馬でした。トビー・マグワイア演じるジョン・’レッド’・ポラードとシービスケットが、レースでまさかの優勝を果たすまでの道のりを描いた物語です。

第76回アカデミー賞では作品賞を含む7部門にノミネートされ、最も評判の高い作品となりました。

最後に

以上、競馬映画の中から、ぜひチェックしていただきたい作品をご紹介しました。競馬はニッチなジャンルと思われがちですが、ここに挙げた作品はどれも魅力的で、競馬場での本格的なレースでなくとも、競馬のキャンペーンは楽しませてくれ、心の琴線に触れることができることを証明してくれています。

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。