【2022年10月公開】『耳をすませば 』実写映画のレビュー

【2022年10月公開】『耳をすませば 』実写映画のレビュー

アニメや漫画でヒットした『耳をすませば』。人気作品の実写化ということで、注目された本作は、既存の物語に加えて、10年後を完全オリジナル脚本で実写化しています。

そこで今回は、実写版『耳をすませば』について紹介していきます。

作品情報

  • 映画公開日:2022年10月14日
  • 原作:柊あおい『耳をすませば』(集英社文庫)
  • 監督・脚本:平川雄一朗
  • 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント/松竹
  • 主題歌:杏『翼をください』(ソニー・ミュージックレーベルズ)

実写版『耳をすませば』の原作は、1989年柊あおい作の漫画『耳をすませば』。1995年にスタジオジブリによって映画化され、大衆に知られる有名作品となりました。

そんな作品を『ツナグ』や『約束のネバーランド』を映画化した平川雄一朗が、監督・脚本して実写化。すでに発表されている物語だけでなく、10年後の主人公たちをオリジナル脚本を加えて描くということで話題になりました。

『耳をすませば』のあらすじ

本が大好きな中学生・月島雫は、図書貸し出しカードでよく見る「天沢聖司」が気になっていた。あるきっかけで最悪な出会いをした2人。その後、雫は聖司が大きな夢を持っていることを知り、次第に惹かれていく。

そして、雫は自分も作家になる夢を形にしようと挑戦を始めた。一方、聖司は夢のためイタリアに行くことを決める。2人は離れてもお互いの夢を応援し、そして、また必ず会おうと約束する・・・。

あれから10年。児童書の編集者になった雫と、イタリアでチェリストを目指す聖司は、離れていてもお互いを心の支えにして夢に向かって奮闘していた。ある日、仕事で大きなミスをしてしまった雫は、仕事か夢、どちらをとるかの選択を迫られる。答えを見つけに雫が向かった先は・・・。

『耳をすませば』の登場人物とキャスト

月島雫(清野菜名)

児童書の編集者として出版社に勤務。作家になる夢があるが、思うようにいかず悩んでいる。

実写版『耳をすませば』で大人になった雫を演じた「清野菜名」は、2014年の映画『TOKYO TRIBE』でヒロインを演じ、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。2015年には映画『東京無国籍少女』で初主演し、ジャパンアクションアワードのベストアクション女優賞を受賞しました。その他、代表作に『今日から俺は!!劇場版』『キングダム2遥かなる大地へ』『異動辞令は音楽隊!』などがあります。

中学時代の月島雫(安原琉那)

本が大好きな中学生。聖司に出会い、作家になる夢を抱く。

中学時代の雫を務める「安原琉那」は、今作で映画初出演。2019年のNHK連続テレビ小説『スカーレット』や2020年のドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』などに出演しています。

天沢聖司(松坂桃李)

チェリストになる夢を叶えるため、10年前にイタリアに渡る。理想の演奏を追い求めるああまり、次第に音楽を楽しめなくなっていた。

大人になった聖司を演じる「松坂桃李」は、2012年に映画『ツナグ』(監督:平川雄一郎)で主演し、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2019年の映画『弧狼の血』や2020年の映画『新聞記者』でも日本アカデミー賞を受賞している、人気・実力が備わった俳優です。

中学時代の天沢聖司(中川翼)

雫と同じ中学に通う男子。チェリストになる夢がある。

中学時代の聖司を務める「中川翼」は、2019年の映画『アイネクライネナハトムジーク』や、2020年の映画『浅田家!』などに出演。2021年の映画『光を追いかけて』で初主演を務めた。2022年には、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも出演しています。

原田夕子(内田理央)

雫の親友。杉村竜也と付き合っている。

大人になった夕子を演じる「内田理央」は、2014年『仮面ライダードライブ』で本格的に女優デビュー。2018年ドラマ『おっさんずラブ』では、第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞を受賞しています。現在放送中のドラマ『自転車屋さんの高橋くん』では、主人公・パン子を魅力たっぷりに演じています。

中学時代の原田夕子(住友沙来)

雫の親友。杉村に片思いをしている。

中学時代の夕子を務める「住友沙来」は、2018年の映画『ギャングース』、2020年の映画『糸』などに出演しています。

杉村竜也(山田裕貴)

雫たちと同じ中学校に通っていた。現在は原田夕子と付き合っている。

大人になった竜也を演じる「山田裕貴」は、2011年『海賊戦隊ゴーカイジャー』で俳優デビュー。その後は、ドラマや映画に多数出演し、2022年にはエランドール賞新人賞を受賞しています。

中学時代の杉村竜也(荒木飛羽)

雫たちと同じ中学に通っており、野球部に所属している。雫に片思いをしている。

中学時代の竜也を務める「荒木飛羽」は、2018年の映画『人魚の眠る家』や、2021年の『るろうに剣心最終章The Final/The Beginning』、『あなたの番です劇場版』など、数々の映画に出演しています。

地球屋店主(近藤正臣)

聖司の祖父。雫が偶然に入った店・地球屋の店主。

地球屋店主は、ベテラン俳優の「近藤正臣」が務めます!

『耳をすませば』に対するネットの評判は?

ここからは、『耳をすませば』に対するネットの評判を見ていきましょう!

『耳をすませば』のレビュー・総評

有名アニメ映画の実写化とあって、視聴者の賛否は分かれました。原作を思い出して楽しむ人がいる一方で、細かな設定の違いが気になったり、10年後の2人の姿に違和感を感じたりと作品に感情移入が出来ない人もいたようです。

2人のその後が気になる人や、大人になった2人の自転車シーンが見たい人は、ぜひ自分の目で確認してみてください!

おすすめ