マーベル最新作『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』レビュー

マーベル最新作『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』レビュー

マーベル・シネマティック・ユニバースの一作として全世界で記録的な大ヒットを収め、数々の賞を受賞するなど、大きな社会現象を起こした2018年の前作『ブラックパンサー』から4年。

遂に続編『ブラックパンサー/ワンダカ・フォーエバー』が2022年11月11日に公開されました。

今回は、そんな世界が注目する『ブラックパンサー/ワンダカ・ファーエバー』について紹介していきます。

作品情報

  • 映画公開日:2022年11月11日
  • 原案&脚本&監督:ライアン・クーグラー
  • 製作:ケビン・ファイギ ネイト・ムーア
  • 音楽:ルドウィグ・ゴランソン
  • 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

今作は『ブラックパンサー』の続編です。前作『ブラックパンサー』は、全米歴代5位となる興行収入7億ドル、全世界では興行収入13億ドルを超える大ヒットを記録し、ヒーロー映画として初のアカデミー賞®作品賞含む7部門にノミネート、3部門の受賞を果たすなど、ヒーロー映画の枠を超えた社会現象を引き起こしました。

その後、続編を望む声が多い中で、2020年に主役のブラックパンサーを務めたチャドウィック・ボーズマンが死去。このショッキングな出来事に一時は続編の製作が危ぶまれましたが、マーベル・スタジオの社長兼プロデューサーであるケヴィン・ファイギが「ワカンダのレガシーを繋いでいく」とコメントしたことで、ファンは新たなブラックパンサーの登場を心待ちにすることになりました。

そして、遂に『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』として、新たなブラックパンサーの物語が幕をあげることになったのです。

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』のあらすじ

優れた科学力を持つアフリカの小国ワカンダ王国では、特殊な資源”ヴィブラニウム”を持つために、他国から狙われていました。他国の脅威からワカンダ国を守ってきた国王であり、ブラックパンサーのティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が謎の病死をしてから1年後。ワカンダ王国は、ティ・チャラの母であるラモンダが女王として国を収めていました。

ワカンダの資源を狙い、アメリカはCIAに”ヴィブラニウム”の探知機を作らせ、探索のため船を出しますが、その船が何者かに襲われます。船を襲ったのは、ワカンダと同じく”ヴィブラニウム”を所有していながら隠し持っている海底の帝国「タロカン」の民達でした。

ティ・チャラの妹である科学者のシュリたちは、この危機をどう乗り越え、ワカンダの新たな希望になれるのか・・・。新たな物語が始まります。

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』の登場人物とキャスト

シュリ(レティーシャ・ライト)

ティ・チャラ/ブラックパンサーの妹で、ワカンダ王国の王女であり、天才科学者でもあります。兄の死から立ち直れず、研究に没頭する日々を送っています。

本作の主人公シュリを演じるのは、レティーシャ・ライトです。レティーシャ・ライトの出演作品には、2017年『ブラック・ミラー』、2018年スティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』やリーアム・ニーソン主演作『トランス・ミッション』などがあります。その後、前作『ブラックパンサー』のシュリ役で一躍有名になりました。

ナキア(ルピタ・ニョンゴ)

ワカンダのスパイ”ウィー・ドッグ”として世界各国で活動している女性。現在は、ハイチで暮らしています。ティ・チャラの幼馴染で元恋人です。

スパイの女性であり、ティ・チャラの元恋人であるナキアを演じるのは、ルピタ・ニョンゴです。ルピタ・ニョンゴは、女優であり、映画及びミュージックビデオ監督です。2013年にスティーヴ・マックイーン監督の映画『それでも夜は明ける』でアカデミー助演女優賞を受賞した演技派です。

オコエ/ミッドナイト・エンジェル(ダナイ・グリラ)

ミッドナイト・エンジェルは、ワカンダの国王親衛隊の隊長を務める女戦士。ティ・チャラやナキアとは幼馴染です。

勇ましい女戦士ミッドナイトエンジェルを演じるのは、ダナイ・グリラです。ダナイ・グリラは、アメリカの女優であり劇作家です。2006年には『In the Continuum』でオビー賞とアウター批評家協会賞の脚本賞、ヘレン・ヘイズ賞の主演女優賞を獲得しました。その後も、映画や舞台で活躍しています。

エヴェレット・K・ロス(マーティン・フリーマン)

エヴェレット・K・ロスは、元アメリカ空軍のパイロットであり、現CIA捜査官。前作のワカンダ内乱の際には、ティ・チャラ達と共に戦った過去があります。

CIA捜査官であるエヴェレット・K・ロスを演じるのは、マーティン・フリーマンです。マーティン・フリーマンは、イングランドの俳優で、代表作には、ドラマ『The Office』のティム・カンタベリー役やドラマ『SHERLOCK』のジョン・ワトソン役、映画『ホビット』3部作のビルボ・バギンズなどがあります。エミー賞、英国アカデミー賞、エンパイア賞の受賞歴があり、サターン賞とゴールデングローブ賞にもノミネートされたことのある実力派です。

エムバク(ウィンストン・デューク)

ジャバリ族のリーダーであり戦士。軽率な面もありますが、ワカンダへの愛情は深く、実は博識でもあります。

ジャバリ族の強きリーダーを演じるのは、ウィンストン・デュークです。ウィンストン・デュークの出演作品は、テレビシリーズ『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』があります。その後、映画『ブラックパンサー』と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でエムバクを演じ、さらに有名になりました。

リリ・ウィリアムズ/アイアンハート(ドミニク・ソーン)

19歳の天才発明家。ヴィブラニウムの探知装置を発明したことにより、タロカンに命を狙われることになります。

天才発明家であるリリ・ウィリアムズを演じるのは、ドミニク・ソーンです。ドミニク・ソーンは、2018年に映画『ビール・ストリートの恋人たち』でデビューし、前作の『ブラックパンサー』にもジュディ・ハーモン役で出演しています。他、出演作品には、2021年映画『ユダ&ブラック・メシア裏切りの代償』があります。

ラモンダ(アンジェラ・バセット)

先代国王の妻であり、ティ・チャラとシュリの母親でワカンダ王国の女王。ワカンダの資源ヴィブラニウムを守ろうとしています。

息子を亡くしながら、ワカンダの女王として国を守るラモンダを演じるのは、アンジェラ・バセットです。

アンジェラ・バセットは、1986年『F/X 引き裂かれたトリック』で映画デビュー。1992年の『マルコムX』では、マルコムの妻を演じています。その後も、1993年映画『TINA ティナ』では主演を務め、ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞。アフリカ系アメリカ人女優として初の受賞者となりました。

ネイモア(テノッチ・ウエルタ)

タロカン帝国の王で別名「ククルカン」(羽を持つ蛇の神)。両足首に生えている羽のようなもので、自在に空を飛ぶことができます。また、出自により他のタロカン帝国の民と体質が異なり、マスクをせずとも地上での呼吸が可能ですが、一方で地上に長時間留まると体内の水分が失われ意識が朦朧とするという弱点も持っています。

今作のメインヴィランであるネイモアを演じるのは、テノッチ・ウエルタです。テノッチ・ウエルタは、メキシコ出身の俳優で、映画出演作品は、2007年『太陽のかけら』、2017年『ザ・マミー』、2020年『闇に棲むもの』などがあります。

アットゥマ(アレックス・リヴィナリ)

ネイモアに仕える戦士。帝国随一のパワーとスピードを誇っています。

帝国が誇る戦士アットゥマを演じるのは、アレックス・リヴィナリです。アレックス・リヴィナリは俳優として、ドラマや映画で活躍中しています。テノッチ・ウエルタやマベル・カデナと同じラテンアメリカ出身で、表情豊かな演技が魅力です。

ナモーラ(メイベル・カデナ)

アットゥマと並びネイモアに仕える女戦士。帝国を守るためには手段を選ばない人物です。

ネイモアの右腕となる女戦士ナモーラをメイベル・カデナです。メイベル・カデナは、メキシコ出身の俳優で、2012年にドラマの俳優としてデビューしました。テノッチ・ウエルタやアレックス・リヴィナリと同じラテンアメリカ出身で、本作品での活躍が期待されています。

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』に対するネットの評判は?

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』のレビュー・総評

前作『ブラック・パンサー』の大ヒットから、続編の期待も高まる中、リアル・ヒーローであり主役のチャドウィック・ボーズマンが死去したことは全世界にショックを与えました。

しかし、そんな中でも「ブラックパンサーの意思を継ぐ」という強い決意のもと今回の作品が生まれました。ブラックパンサーのいなくなった世界で、それでもワカンダを救うべく奮闘する姿に、ブラックパンサーへの敬意とワカンダの発展への祈りが込められた作品になっていると好評です。新たなブラックパンサーの物語をぜひ体感してみてください!

おすすめ